【新型コロナウイルス感染症 事業者対策について その2 2020/3/8】

LINEで送る

【新型コロナウイルス感染症 事業者対策について その2 2020/3/8】
 
3月1日に、新型コロナウイルス感染症の事業者対策について、まとめて記事にしました。
 
◇新型コロナウイルス感染症 事業者対策について その1 2020/3/1(活動ブログ記事)
 https://taro.link/archives/779
 
記事の投稿後、コメントやメッセージ等でご質問やご相談をいただきましたが、皆さまそれぞれの業種や職種において、今後どうなるのだろうかというご心配を抱えられていらっしゃいました。また、日々、様々な対応策が公表され、情報が多すぎてよくわからないという方もいらっしゃいました。
 
現在、政府が示している支援内容では、全業種、全職種の方を網羅することができていませんが、日々新たな支援策が示されています。この1週間で公表された対策で、事業者の皆さまのお役に立つのではないかと思う内容を「その2」としてまとめましたので、ご参考にしていただければ幸いです。
 
前回は国が示した支援内容の大枠をご紹介しましたが、国から都道府県や各種団体、金融機関等に指示や要請が出始めたようで、今回は、経済産業省や厚生労働省が示した支援策だけではなく、東京都が公表したテレワーク対策支援の補助金等、具体的な支援策を⑦以降、時系列で個別にご説明しています。
 
今回も長くなってしまいましたが、全部読んでいただく必要はありません。皆さんが必要と思われる内容、もしくは、キーワードで引っかかったものだけ見てください。
 
先日の記事にも書きましたが、皆さまがご相談するのは、普段お付き合いのある金融機関、商工会議所等のほか、各種団体や青梅市や東京都の担当部署をおすすめします。記事に書いた内容でご不明な点がありましたら、私にご質問いただければ可能な限り説明させていただきます。
 
明後日、3月10日に安倍総理が緊急対応策の第2弾を取りまとめて公表するということですので、内容を確認して改めて皆さまにお伝えしたいと思います。
 
一日でも早く新型コロナウイルスの感染拡大が止まり、安心して生活できる日常が戻ることを心から祈っています。
 
以下、新たな事業者対策となります。
 
 
◆新型コロナウイルス感染症への事業者対策について その2◆
 
⑤経済産業省が行っている支援策
 
前回の投稿では具体的な支援策がまとまっているパンフレットの内容をお伝えしましたが、今回は支援策がまとめて掲載されているホームページをご案内します。それぞれの支援策についての問い合わせ先等もリンクされているますので、ご参考にしてみてください。
 
ただ、支援策がずらっと並んでいてわかりづらいと思いますので、3月1日以降に内容が更新された施策について、⑦以降で個別にご紹介します。
 
経済産業省ホームページ
経済産業省の支援策
https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html
 
———
 
⑥厚生労働省が行っている支援策
 
厚生労働省の働く方と経営者向けの支援策がまとめられているページの該当箇所へのリンクです。支援策が多いので、厚生労働省についても⑦以降で個別にご紹介します。
 
厚生労働省ホームページ
新型コロナウイルス感染症について・働く方と経営者の皆さまへ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html#hatarakukata
 
———
 
⑦小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)について<厚生労働省>
 
3月2日、厚生労働省は、小学校等(義務教育学校、特別支援学校、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園)に通う子の世話を行うことが必要となった労働者(保護者)の休職に伴う所得の減少に対応するため、正規・非正規を問わず、労働基準法上の年次有給休暇とは別途、有給の休暇を取得させた企業に対する助成する仕組みを設ける予定だと公表しました。
 
申請方法などの詳細についてはこれから公表されます。詳細は、厚生労働省のホームページよりご確認ください。
 
厚生労働省ホームページ
新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09869.html
 
———
 
⑧セーフティネット保証5号の追加指定<経済産業省>
 
3月3日、経済産業省は、セーフティネット保証5号に従来の対象業種に飲食業や宿泊業等、40業種を追加しました。各地の信用保証協会が窓口になるので、信用保証協会か金融機関にご相談されると良いと思います。
 
経済産業省ホームページ
セーフティネット保証5号の追加指定
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200303002/20200303002.html
  
———
 
⑨雇用調整助成金の特例措置の拡大について<厚生労働省>
 
3月4日、厚生労働省は、コロナウイルス感染症によって影響を受ける事業主を支援するため、雇用調整助成金の特例措置の拡大について公表しました。事業活動が縮小してしまった場合に、事業主が従業員の雇用の維持を図るための費用を助成する制度です。
 
厚生労働省ホームページ
新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金の特例措置の拡大について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09941.html
 
———
 
⑩緊急融資制度の創設・専門家の派遣<東京都>
 
3月6日、東京都は緊急融資制度を創設しました。東京都が信用保証料を全額で補助します。また、東京都中小企業振興公社が設置している「新型コロナウイルスに関する特別相談窓口」で相談を実施して、支援が必要と認められると中小企業診断士等の専門家を無料で派遣してくれるそうです。あわせてご確認ください。
 
東京都ホームページ
(第69報)新型コロナウイルス感染症に対応した中小企業支援を実施します。~令和2年3月6日より、金融・経営面からの支援を開始~
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007457.html
 
———
 
⑪事業継続緊急対策(テレワーク)助成金の募集開始<東京都>
 
3月6日、東京都はテレワーク環境を整備する助成金の募集を開始しました。コロナウイルスの感染拡大でテレワークで仕事をしている方も増えていると思いますが、機器の購入費やサービスツール使用料等範囲が広く、助成率が10/10ですので、活用されると良いのではないかと思います。
 
東京都ホームページ
(第70報)事業継続緊急対策(テレワーク)助成金募集を開始します!
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/1007458.html
 
東京都
 
———
  
⑫金融庁・財務省が示している支援策
 
3月6日、麻生財務大臣兼金融担当大臣が、金融機関に対して事業者の資金繰り支援を改めて要請しました。金融機関はこれまでも対応してくださっていると思いますが、この要請により、これまで以上に柔軟に対応してくださると思います。
 
金融機関のどの窓口に相談すれば良いのかわからない事業者の方向けに相談ダイヤルも開設していますので、ご不明な点や心配な点等がありましたら、ご相談されることをおすすめします。
 
金融庁ホームページ
新型コロナウイルス感染症関連情報
https://www.fsa.go.jp/ordinary/coronavirus202001/press.html
 
金融庁

LINEで送る