【あと一歩、宮﨑太朗について知ってください!】


選挙戦も終盤です。
11月8日の告示日から、みなさまと直接お話する機会が多くありました。
しかしまだお一人おひとりとお話するには時間が足りません…!

すでに選挙カーから、演説の場から、選挙運動用ビラやウェブサイトを通しても、私自身の考えや人となりについてお伝えしてまいりましたが、あと一歩、宮﨑太朗について知っていただくため、皆様からよくいただく質問とその回答をご紹介します!

質問の中では直接触れられていませんが..
写真は青梅大祭と小曾木で田植えをしたときのものです。
150503_青梅大祭写真1

Q:青梅市長選挙へ出ようと思ったきっかけは?

青梅市が人口減少、少子高齢社会を迎え、時代の転換点にある今、私は、中長期的な視点に立ち、10年、20年、30年先の青梅市の将来像を描き、市民の皆さんの声をお聞きしながら、これからの青梅市をみんなで一緒に作っていきたいと考え、出ようと思いました。

Q:家族構成について

妻と長女の3人暮らしです。
娘は1歳で、目に入れても痛くないくらい可愛いのですが、
最近ちゃんと遊んであげていないので顔を忘れられていないか心配です。

Q:忙しい選挙戦、体調管理は大丈夫ですか?

妻と母が忙しい私を気遣って作ってくれる栄養満点の食事を毎日食べているので体調は万全です。
選挙が終わったら、全面サポートの恩返しとして、私が妻と母へ料理を振舞いたいと思っています。

Q:信条・座右の銘

「縁尋機妙(えんじんきみょう)」
良い縁がさらに良い縁を訪ねて発展して行く様はまことに機妙である。

「多逢勝因(たほうしょういん)」
多くの人と出会い、縁を結んで交わることがいい結果につながる。ご縁を大切にしながら、毎日を過ごしています。

Q:青梅の魅力とは?

たくさんの資源があることです。豊かな自然環境、多摩川、JR青梅線、圏央道、そして、何より、多くの人材がいること、青梅市は魅力ある資源があふれています。これらの資源を活かせば、どんなことでも実行できると思いますし、実現できると思います。

Q:10年後の青梅はどうなっていると思いますか?

人口減少、若者世代の人口流出が抑えられ、市民、各種団体、民間事業者、市役所による協働、連携が進み、まちのにぎわいが戻り、青梅市に住み続けたい、住みたい方々が増えている、みんなの元気と笑顔があふれる、市民が主役の魅力ある青梅市になっています。

Q:どのような市政運営をしていきますか?

論語に「温故知新」という言葉がありますが、私たちの世代が、これまで培われてきた伝統、歴史、経験、知識など、青梅市を担ってこられた諸先輩方から教えていただきながらしっかりと学び、そして、受け継いだものに新たな発想や考えを加え、次の世代へ引き継いでいきたい。市民にとって身近な市長、開かれた市政を目指していきます。

Q:宝物はなんですか?

家族、友達、仲間。これまで多くの方に支えてきていただき、今の私があります。すべての方への感謝の気持ちを忘れずに、これからも過ごしていきたいと思います。

 

150621_小曾木田植え